バルチック艦隊技術将校,ポリトゥスキーの日記

12月31日

いま,提督と参謀将校数名がセントマリー島に上陸した。私はこの機会を利用して上陸したくはなかったので同行していない。
我が艦隊のために食料・軍需品を運送してくるはずの汽船エスペランスは今日になってもまだ着かない。この船はアングルペクウェンからケープタウンに行き,そこからここに来ることになっている。
このマダガスカルの近辺に長期間滞在するかもしれない。停泊期間は我が艦隊からペテルブルグに発した電報に対する返電の如何によって決定される。
明日,ここにフランスの一汽船が来て郵便物を集め,来月3日に出航する。
ローランドはまだ帰ってこない。他の諸艦はどこにいるか分らない。
マライヤをロシアに帰すことは決定した。この船は紅海を通って帰還することになる。この船の積載物はすべて他の船に積み替えた。艦隊から患者ならびに疲弱兵を収容してスエズを通って帰還する。これで艦隊はひとつの重荷を下ろした感じがする。

2005/12/31 in  | posted by gen

EntryPrevious | Main | EntryNext


コメント



コメントしてください