バルチック艦隊技術将校,ポリトゥスキーの日記

12月6日

グレートフィッシュベイの錨地にいる。あなたに送る書面は1時間前にヨーロッパに帰航する汽船でパリに差し立てるために投函した。
石炭船の乗員は陸上にいる。彼らの話では,海岸はすべてがみなきれいな貝殻で覆われ,またきれいな小鳥が非常に多いという。
ポルトガル砲艦の艦長は石炭船の船長などに石炭積み込みは許可されないので,石炭を艦隊に積み込むことができるかどうかは疑わしいと告げたという。ひどく馬鹿正直なことだ。その実を言えば破廉恥きわまりない行為である。
明日の朝は6時に起こしてほしいと頼んだ。各艦の多くを巡視すべき業務があるからである。12時に陸上との交通は途絶えた。

2005/12/06 in  | posted by gen

EntryPrevious | Main | EntryNext


コメント



コメントしてください