バルチック艦隊技術将校,ポリトゥスキーの日記

12月7日

グレートフィッシュベイからアングルペクウェンに向かう。
今日は,終日あなたのために書面を書いていて,ついに食卓にも就かなかった。しかしそれでも十分に書くことはできなかった。
テーブルにつくと,すぐに妨げられた。今日はひとつとしてできたことはなく,一日を無為に過ごしてしまった。
今日,ボロジノに赴いてベリアで写した写真を見た。かなり小さいので顔ははっきりわからない。4時,我が艦隊はみな錨を上げはじめた。2時間ほどたってマライヤが信号を掲げ,操舵機に異常があることを連絡してきた。そこでローランドマライヤを曳航することが命ぜられた。
病院船アリョールも我々と一緒に進んでいる。
海上に多くの鯨を見た。また陸地から遠く離れて飛ぶアルバトロスを見た。その羽の大きさは16~17フィートぐらいである。
船中の生活は毎日同じである。昨日も今日も同じことで,私はただ古い記憶を思い出して日々を送っている。

2005/12/07 in  | posted by gen

EntryPrevious | Main | EntryNext


コメント



コメントしてください