バルチック艦隊技術将校,ポリトゥスキーの日記

12月3日

夜7時,我が戦艦で晩課の祈りがあった。私はこの祈りに深く興味を持った。とくに船の中の祈りは一種言い難い趣がある。周囲に立って祈る者はみな白い服を着た士官と水兵だけで,また祈りの堂役および世話役その他歌い手などはみな裸足で勤めている。この祈りの中味と賛美歌など,ひとつとして遠い故郷のロシアを偲ばせないものはない。

2005/12/03 in  | posted by gen

EntryPrevious | Main | EntryNext


コメント



コメントしてください