バルチック艦隊技術将校,ポリトゥスキーの日記

1月3日

タングタング湾にいる。今日の早朝に抜錨してセントマリー島を出航し,マダガスカル付近のここに来たのである。この湾は前の碇泊地に較べればかなり安全である。
今夜はじめて外部から見える全艦隊の灯火を消した。至るところの隅々に哨兵が立ち,注意深く地平線上を望見している。話をするのもみな小声だ。
近くに停泊している諸艦の影は黒く朦朧と見える。大砲はいつでも発射できるように準備した。舷側には波に動く水雷防御網を見ることができ,また探照灯はすぐに付近を探照することができるようにしてある。四辺寂として音もないが,士気が揚がるのを感じつつ,ひっそりと警戒している。

2006/01/03 in  | posted by gen

EntryPrevious | Main | EntryNext


コメント



コメントしてください