バルチック艦隊技術将校,ポリトゥスキーの日記

3月2日

朝は例によって諸艦に出張巡航し,ようやくのことで朝食に間に合った。
駆逐艦艦長などの争いがどのように決着するかはまだわからない。ひとりの艦長は今日何事かを説明するために参謀部に来た。また説明を得るために一方の艦長が召喚された。まだ双方が水掛け論をしている。
今夕,士官公室でさかんに議論した事件があった。一匹の犬が多くの人たちから愛されている小猿の尻尾を噛んだのである。犬はひどく痛めつけられ,医師は猿の尾に治療を施した。いまはその猿は尾に包帯をして遊んでいる。

2006/03/02 in  | posted by gen

EntryPrevious | Main | EntryNext


コメント



コメントしてください