バルチック艦隊技術将校,ポリトゥスキーの日記

ポリトゥスキーの日記を終えるにあたって(その四)

最後に,信濃丸がバルチック艦隊を発見してからクニャージ・スワロフが撃沈されるまでの動きを掲げておきたい(詳細は澪標の会編纂DVD版『日露戦争アーカイブズ』を参照いただきたい)。
1905年5月27日のことである。

  • 27日午前2時45分,哨戒中の仮装巡洋艦信濃丸が北緯33度10分,東経128度10分の地点において東航する一汽船の灯火を発見。
  • 午前4時30分ごろ,信濃丸はさらに船影に近づき,三穡二煙突の艦型がロシアの仮装巡洋艦に似ているが備砲がないことを確認,ロシア病院船を疑い臨検を行なおうとしたが,左舷1,500メートル以内の距離に十数隻の艦影と,それ以外にも煤煙を発見,信濃丸がロシア艦隊の真ん中に位置していることを知るに至る。午前4時45分,この状況を打電。
  • 午前5時44分,信濃丸からの報告により,第六戦隊第10,15艇隊が出航。第六戦隊の出航に続き,片岡第三艦隊司令長官は第五戦隊第11,20艇隊および竹敷要港部所属第17,18艇隊並びに第18艇隊の白鷹を率いて出発。
  • 午前5時5分ごろ,加徳水道にあった上村第二艦隊司令長官は,ロシア艦隊出現の報に接し,所在総艦隊に出航を命じ,第一戦隊,第二戦隊,第四戦隊および第1,第2,第3,第5駆逐隊並びに第9,第14,第19艇隊は順次抜錨。信濃丸の電信によってロシア艦隊の出現を知った出羽司令官は,白瀬の北西にあった第三戦隊を南東に進路をとり,午前5時50分,ロシア軍の病院船を発見。
  • 午前6時34分,東郷連合艦隊司令長官は三笠を率いて第一戦隊の先頭に占位し,40数隻の艦隊を従え発航。哨艦和泉信濃丸からの電信を受け,進路を変えて策敵中,午前6時45分,北緯33度30分東経128度50分の位置においてロシア艦隊を発見,ロシア艦隊と併航し,その後の進路を逐次打電する。
  • 午前9時55分,片岡司令長官は神埼の南微東7海里半に達したとき,ロシア艦隊を発見。
  • 午後0時10分,片岡司令長官は第六戦隊をロシア艦隊の前方に出し,接触を確実とするとともに,東郷連合艦隊司令長官にロシア艦隊の状況を報告。
  • 午後1時39分,東郷連合艦隊司令長官は南西にロシア艦隊を発見,戦闘開始を命ず。
  • 午後1時55分,東郷連合艦隊司令長官「皇国の興廃此の一戦にあり各員一層奮励努力せよ」との信号旗を掲げる。
  • 午後2時2分,連合艦隊の主力は進路を南西微南に変更し,ロシア艦隊に対して反航通過を装う。
  • 午後2時5分,旗艦三笠は左折して東北東に変針。第一,第二戦隊の各艦も順次これに倣う。ロシア戦闘艦スワロフクニャージ・スワロフ)が砲火を開くもすぐにはこれに応ぜず,午後2時10分,ロシア艦隊との距離6,000メートル内外となるに及び,旗艦三笠が応砲,他艦もこれに倣う。
  • 午後3時6分,第一戦隊は日進を先頭に短縦陣をつくり,西北西に進航。ロシア艦隊旗艦スワロフ大破し列外に出る。
  • 午後3時7分ごろ,フェルケルザム司令官少将の旗艦で左翼列先頭艦オスラービア沈没。
  • 午後3時30分ごろ,ロシア艦隊の病院船アリョールカストローマは仮装巡洋艦佐渡丸満州丸によって三浦湾に抑留される。
  • 午後4時20分ごろ,特務艦アナドイリ撃沈される。
  • 午後4時30分ごろ,第三戦隊以下の砲撃によりルス沈没。
  • 午後5時ごろ,第四駆逐隊は孤立していたロジェストウィンスキー中将の旗艦で右翼列先頭艦スワロフクニャージ・スワロフ)を襲撃。
  • 午後5時50分ごろ,第一戦隊は仮装巡洋艦ウラールを撃沈。
  • 午後7時7分,第二戦隊の砲撃により右翼列第二番艦アレクサンドル三世沈没。
  • 午後7時10分,第五,第六戦隊は工作船カムチャツカを撃沈。
  • 午後7時20分,第五戦隊に随伴する第11艇隊よってスワロフが撃沈され、艦底に取り残されたポリトゥスキーも艦と運命を共にする。

            -----[完]-----

2006/05/27 in 日記解説 | posted by gen

EntryPrevious | Main | EntryNext


コメント



コメントしてください